江戸の米蔵のプレミアム精米とは

-->
日本で唯一の一等待専門店
ご利用案内 | 江戸の米蔵について | 江戸の米蔵のこだわり

ありがとうございます お餅予約
定期購入 お試し送料無料
≪物流会社追加と送料変更のおしら≫
11月01日のご注文よりお届けは従来の「ヤマト運輸」に加え「日本郵便」でのお届けとなります。
またそれに伴いお届け送料が全国一律648円(税込)に変更となります。物流会社お選びいただけませんので予めご了承ください。
いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

江戸の米蔵 TOP > 一等米専門店 > 一等米専門店「江戸の米蔵」のこだわり > プレミアム精米とは

江戸の米蔵の精米



米は精米で変わる
江戸の米蔵の精米



米は精米で変わる

玄米 玄米を精米する理由。それは調理しやすく食べやすく美味しくする為。玄米には栄養が豊富ですがどうしても調理しにくく、食べずらく、美味しくない。。。しかし精米することで劇的に調理しやすく、食べやすく、美味しくなるのです。玄米より五分づき、五分づきより七分づき、七分づきより白米の方が 美味しいのです。ならば白米をもっと削ると???そう!もっと美味しくなるのです。しかし、削りすぎればお米の粒は小さくなるし、過度に力がかかれば欠けてしまうお米も増えてくる。そうすると食味も落ち本末転倒。美味しさの限界までの精米、このバランスを保つことができるれば最高の白米が精米できるのです。それができる男。この男の精米でどのお米も他とは圧倒的に違う白米を作り上げます。圧倒的。。。そう圧倒的に違います。



美味しさへの追及

普通のお米屋さんは60kgの玄米から何kgの白米を作るかだけを考えていました。玄米からぬかを取り除き、割れたお米や色の付いたお米を取り除く、そこで何kgの白米ができるのか。。。もちろん60kg分の原価は変わらない訳ですから、多くの白米ができた方が原価は安くなるという考え方。だから削らない、極力削らない精米。スーパーなどのお米を扱う精米工場では、扱う量も多いのでそのちょっとの差から大きく変わってくると言う訳です。しかしその精米で本当のお米の味は引き出せない。甘味と艶と粘りと香りを持つお米のうま味を引き出せないのです。そのお米の持つうま味をギリギリまで 引き出す。60kgでどの位の白米ができるかは問題ではない、このお米の持つ美味しさを引き出しているかが勝負となる! 白米



品種・湿度・季節

マイスター 五つ星お米マイスター“渋谷誠”の精米は環境すべてに気を配る。精米はお米に圧力を掛け、お米とお米を擦り合わせ玄米の殻を削り取ります。その力の加減を気温・湿度・品種・産地・季節・天気全てで変えていかなければお米の美味しさは引き出せない。同じように見えるお米も大きさや形・硬さ等色々と違うので、機械の中を流れるスピードも違ってくる。これを手と目と匂いで察知し調節する。それができなくては本当のお米の美味しさは引き出せない。



より高いクオリティー

江戸の米蔵ではクオリティーの高いお米をお届けする為に、玄米の仕入れは各県の中でもその年の最も良かった地域の一等米だけを仕入れております。また江戸の米蔵の製造ラインには「石抜き」「籾とり」「金属探知器」「色彩選別機」「砕米取り」などを設置しております。特に「砕米取り」はあまり使われる事のない一番荒い網で振っていますので、欠けているお米や粒の小さなお米は取り除かれ、粒のそろった白米が出来上がります。粒がそろったお米は炊きむらもなく大変美味しいご飯に炊きあがります。 精米機以外の機械



受注後の精米

精米 玄米は生きてるので呼吸をしています。環境が整えば発芽もできます。気温が上がると呼吸が活発になり自身の栄養分を使ってしまいます。ですのでご注文までは低温で保管し玄米の呼吸を抑えております。ご注文後、精米する事で呼吸はしなくなりますが今度は劣化が始まります。できる限りお届けの寸前まで精米をせずに置きたいのです。またお届け後は冷蔵庫などの低温での保管で劣化も飛躍的に遅らせる事ができます。どうぞお試しください。












新米予約


カテゴリ
お試し

魚沼コシヒカリ
新潟コシヒカリ
贅沢ブレンド
山形つや姫
富山コシヒカリ
宮城ひとめぼれ
ミルキークイーン
金賞 無農薬米
もち米

2kg×1袋
5kg×1袋
5kg×2袋 10kg
5kg×4袋 20kg

期間限定
玄米
ギフト
極めの逸品
定期購入
チャリティー




一等餅


お電話は平日am9:00〜pm10:00

お客様相談室

お米マイスター授業

WFP国連世界食糧計画のチャリティー


財団認証コード: 103265
お客様が安心にインターネット通販をご利用いただける社会を築くため同財団法人のオンラインマークを取得認証を受けています。